副業には海外fx会社の利用がおすすめ|受講の基礎知識

事業に必要な資金の借り方

円マーク

目的によってローンを選ぶ

新規に会社を起ち上げる時には事業資金の調達が重要になります。色々な調達法がありますが、新規開業の場合に利用したいのが国の公庫です。新規事業の場合は融資限度額が7200万円と大きいです。このうち運転資金として利用できるのは4800万円です。おすすめなのは年利が低いことです。すでに事業を行っている時に急に事業資金を調達する場合があります。そのような時に利用したいのが、銀行などの不動産担保ローンです。不動産を担保にするので大きな事業資金を借りることができます。返済も長期間を選べますし、金利も低めに設定されています。ただし審査が厳しいので、事業資金が下りるまでに時間がかかります。つなぎ資金などのように緊急性が高い事業資金の調達には、金融会社の事業者ローンが便利です。融資スピードが速いのですぐに調達することができます。金融機関によっては即日融資が可能なところもあります。ただし金利は高めになっているので、短期間の利用に向いています。例えば売掛金の回収が遅れていて、従業員の給料が遅れるといった場合に事業者ローンは便利です。融資が速いので、遅滞なく従業員に給料を支払うことができます。売掛金が回収できたら、借りたお金の全額を返済すればいいのです。短期利用なら金利が高くてもそれほど影響を受けることはないはずです。このように事業資金の性質によって調達法を選ぶと、有利に借りることができます。必要以上の資金を借りないことが鉄則です。

Copyright© 2018 副業には海外fx会社の利用がおすすめ|受講の基礎知識 All Rights Reserved.